FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近つ飛鳥博物館

飛鳥(あすか)と聞くと、私的には奈良の明日香を思いだす。
でも、大阪地方にも飛鳥とよばれる地域がある。近つ飛鳥(ちかつあすか)である。

近つ飛鳥博物館1

近つ飛鳥博物館2

近つ飛鳥博物館3

その名前を持つ博物館に、国道166号線という非常に分かりづらい道を辿りながら行ってきました。

近つ飛鳥博物館

近つ飛鳥博物館4

ちょっとした繋がりで知り合った人の写真展示会がこの場所で行われていたのでツーリングがてら寄ってみることにしました。

近つ飛鳥博物館5

場所的には大阪芸大の近く。建物はあの安藤忠雄氏が設計したそうです。

近つ飛鳥博物館6

近つ飛鳥博物館7

非常に辺鄙なところに、これまた非常にお金のかかっていそうな建物が突然現れます。
正直、奈良と大阪に住んでいながらもここに来るのは初めてです(^^;

近つ飛鳥博物館8

その立派な建物を降りていくと、知り合いのギャラリーがありました。

近つ飛鳥博物館9

近つ飛鳥博物館11

この方「大場典子」さんはHOLGA(ホルガ)という中国製のトイカメラを改良してピンホールで撮影をしています。

近つ飛鳥博物館12

近つ飛鳥博物館14
6代目と言われてました(^^

大阪府庁の写真展です。
ほんと素敵な写真ばかりですね。
大場さんも在廊されており、色々お話を伺うことができました。
貴重な時間を私に割いてくださり、有難うございました。

近つ飛鳥博物館15

近つ飛鳥博物館16
この日は非常に暑かったのですが、ここの周りに自販機はありません。建物の中の喫茶店だけが唯一のオアシスです。悪しからず(^^;




最後に。この166号線は、竹内街道という歴史ある街道にもなっております。
私自身、ここに来て初めて知ったので、ある場所で立ち止まっただけなのですが。

竹内街道

近つ飛鳥博物館18

ここの区域は国道と街道を分けています。街道の方は石畳のようになってますね。
時間があれば一度自転車でゆっくり散策してもいいかもしれません(^^

近つ飛鳥博物館19

「和を以て貴しとなす」
憲法17条の句ですね! なんか懐かしい(^^


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

テーマ : 大阪 - ジャンル : 地域情報

なみはや大橋 淀川花火を望む


よく渡るこの橋。

なみはや大橋1
真ん中のグリーンのネオンは天保山の大観覧車です。

全長1740メートルもあり、結構な急勾配。夏は渡るだけで汗が止まりません。

なみはや大橋2

なみはや大橋3
向こうに見える橋は千歳橋(ちとせばし)

夜景が綺麗なので、たまにカメラ小僧やカップルがちらほらいたりしますが、普段の夜はあまり人影が無い場所でもあります。
そんな橋の上になにやら人影がぞろぞろ。


なみはや大橋4

そう。この日は淀川花火大会でした。

遠いから殆ど見えないかもと思ってましたが、これだけ集まっていたのでちょっと見てみる事に。

なみはや大橋5
分かるかな(^^;

案の定、だいぶ小さい(^^; 肉眼ではともかく、カメラで撮影となると望遠が必須かも。

なみはや大橋6
私の標準レンズではこれが精一杯のズーム。

なみはや大橋7
しかも花火を撮る腕もない。踏んだり蹴ったりだ(^^;

向こうに見えるビルは弁天町にあるORC200とクロスタワー大阪ベイ。
その間から見える花火は、超高層ビルのシルエットと重なって奇麗ではありました。
人ごみが嫌いで、近さにもこだわらなければ穴場スポットかもしれませんね(^^

私はというと、用事もありそこそこで退散しましたが(^^;


なみはや大橋8
拡大してみました♪ ここからだとこれぐらい寄れるレンズがほしいですね。

※橋の途中で車を止めて見ている方もおられましたが、パトロールカーもぐるぐる回ってますのですぐに追い出されます。見るときは歩いて登りましょう(^^

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ : 大阪 - ジャンル : 地域情報

我が母校「耳成高校」へ 其の3

これで最後になります♪

耳成高校1

藤原京跡を抜けて、ひたすら北に向かうと耳成駅が見えてきます。

耳成高校2
昔はこんな地下駅だったかな~ 思い出せない・・・

ほぼ自転車通学だった私は、この駅を利用した思い出はほとんどないんだよね。
小さい駅ですが、朝の通学時間帯には学生さんでいっぱいになってました。
もうそんな光景も無くなっているんでしょう。

耳成駅前を通り過ぎると、懐かしの耳成高校が見えて来ました。

耳成高校20

まだ建物自体は残ってますね。
1983年に創立なので、校舎にしてはまだ新しく感じます。

耳成高校15

耳成高校3

生徒達の正面玄関。
ここに校歌が書かれた石盤があったのだが、今では撤去されています。

耳成高校5

校舎が二棟。それを2本の短い棟で繋がっています。Hの様な形です。
その2本の短い棟の間は中庭となっており、文化祭の時などは出店等で使ってました。

耳成高校4
その向こうが中庭です。文化祭の時はここで焼きそばばかり食ってて女子たちに怒られたっけ(^^;

誰も居ない校舎。誰も置かない自転車置場。やっぱり寂しさを感じます。

耳成高校12

耳成高校7

私の頃は女生徒の方が多かったので、元気で爽やかな記憶が残っております。
それがもう無いとは。時代の移り変わりですかね。

耳成高校13


耳成高校の校章はいちいがしが6枚重ねられた図柄。
しかし、建物にあったいちいがしの校章が全て取られているので、ねばって探してみると・・・

耳成高校10


耳成高校11

あった! 柔道・剣道部屋の建物の中に残されてました(^^



今はグラウンド等を開放しているようで、この日はどこかの中・高生らしき野球部員達が練習試合をしておりました。

今後この建物をどう活用していくかはまだ決まっていない様子。
グラウンドの隣の中和幹線も出来上がっており、交通量も半端なく増えてます。

耳成航空写真
奈良県立耳成高等学校同窓会より
これはグラウンド前の中和幹線ができる直前の写真だと思われます。
昔は通学バスがUターンするための砂利道だったのになぁ。


裏に回ると懐かしのテニスコートがまだ残ってました。

耳成高校17

耳成高校18

ここはもう使われてないんでしょうね。

耳成高校19

中学から続けたテニス。早朝から晩まで毎日走り回ってました。

そんな記憶を思い出しながら耳成高校をあとに。

耳成高校14

いや~ 懐かしすぎて長々になってしまった(^^;
片道約8kmのポタリング。ママチャリだったので多少時間はかかりましたがあっという間だったようにも思えます。
この校舎もいつまであるのかは分かりませんが、まだ、あの頃の風情が少しでも残っている時に訪問できたことは嬉しいかぎりです。
誰かこのページを見て訪問される卒業生がいればもっと嬉しいですが(^^


耳成高校8



より大きな地図で 耳成高校への道のり を表示


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。