スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘樫丘

奈良県橿原市。小学校1年生から大阪に出てくるまでずっと住んでいた場所。
大阪に出向く奈良県内のベッドタウンとしてはほぼ最南端ではないだろうか。
そんな私が、小学生の頃によく父と日曜日の早朝マラソンで走ってた場所があります。
「甘樫丘(あまかしのおか)」
3月の終わり頃、奈良に用事があったついでに一度寄ってみました。

甘樫丘1

国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区になっているこの丘は標高が148m。
展望台が2カ所あり、万葉ゆかりの地を見渡せることが出来ます。

甘樫丘2

甘樫丘3

小さな丘なので、登山というよりかは散歩道として皆に親しまれています。

甘樫丘4

ここを毎週日曜の朝に走るのが苦痛だったのを思い出します(笑

甘樫丘5

甘樫丘6

甘樫丘7

この時期は桜よりも、すももの花が咲き乱れてました。

甘樫丘8

甘樫丘9

こんな仕掛けもあちこちにあります。歌の勉強にもなりますね。
(ちょっと見えにくいですが、万葉集の歌のヒントが下に書いてあります。)

甘樫丘11

で、ここが甘樫丘展望台。
大和三山(畝傍山、耳成山、香具山)や藤原京跡が見渡せます。
ここからの眺め、ほんと好きなんですよ。わたくし(^^

甘樫丘12

まるで時間の流れがゆっくりと変わったかのような穏やかな空気に包まれてます。

甘樫丘13

大化改新でも有名な蘇我蝦夷(そがのえみし)、入鹿(いるか)親子の邸宅があったといわれているここ甘樫丘。

甘樫丘14

歴史の深さを感じながら、懐かしい雰囲気も満喫できました。
また来ることになるでしょう。ここの地には(^^


甘樫丘10
甘樫丘展望台より


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報

コメント

baisenさん

思い出の場所  懐かしく 色々な事を考えた事でしょう

イエローのLOVEバイクでお出かけ  リフレッシュ出来ましたね

「ここからの眺め、ほんと好きなんですよ」

の気持ち充分伝わりましたよ

私も生まれ育った、大田区にある池上本門寺アップしました

お時間あるときお出で下さい

No title

懐かしの地ですか。良さげなところですね。天気も良くて気持ちよさそう(^^)

No title

見晴らしの良い素敵な場所ですね!v-22

りらさんへ

20年近く住んでいましたから(^^
思い入れも格別ですね。ここの地は。
甘樫丘からの奈良盆地の眺めはほんと気持ちいいですよ♪

zatzさんへ

奈良はほんとに良いところですよね♪
またここの近くを通るコースを走るときは呼んでください(^^

ayaさんへ

のどかですしね~(^^
飛鳥を満喫できる場所のうちの一つですよ!!

baisenさん

日本の歴史の宝庫飛鳥

甘樫丘の名前も優雅です

この地に長く住まわれた、幸せは代えがたいですよね

それがあってからこその、今のbaisenさんの感性があるのでしょう

一度行ってみたくなりました

何回見ても心が落ち着く写真

これからも皆さんの心を癒して下さいね



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りらさんへ

写真の技術は全然ですが、きっと風景の良さに助けてもらったのでしょう(^^;
ほんと、ありのままでしか表現は出来ませんが、この路線で行きたいと思っております(^^

それにしても素敵な桜と菜の花のコラボの画像ですね!
画面いっぱい花びらに埋め尽くされて圧巻すら感じます(^^
三年間の願いが叶ってほんと良かった♪

baisenさん

「三年間の願いが叶ってほんと良かった」

ありがとう  その言葉に涙が頬を流れました

写真は技術とセンスがいくら良くても

だからと言って好きになれる訳ではありません

baisenさんの素直な写真とても良いです

奇をてらわないそんな写真も貴重な宝石です

今日権現堂の帰りに寄った水城公園アップしました

お時間ある時またお待ちしていますね

りらさんへ

ありがとうございます!
また寄らせて頂きますね(^^

こんにちは

 この前、当方のブログでコメントをいただき、有難うございました。奈良へは学生時代の修学旅行と、大人になってから2度しか行ったことがありません。甘樫丘は修学旅行で参りました。お写真、なつかしく拝見させていただきました。

A☆六文銭さんへ

わざわざコメント有難うございます(^^
ほんと一度食べとけば良かったと思ってしまってます。
ちょっと残念でついコメントを(^^;
大阪にとって良い情報が飛び交うような情勢になるといいんですけどね!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。